明るく安心・安全・清潔でアットホームな歯科医院 するが歯科

sample
一般歯科

当院では患者さんに納得して治療を受けていただくために、治療に入る前にカウンセリングをしっかり行い、治療方法についてご説明させていただきます。

なるべく痛くない、なるべく削らない治療を行う為に以下の方法を取り入れております。

歯髄保存療法

従来の治療法では、虫歯が大きいと歯の神経の治療をする必要がありました。
歯の神経の治療は痛みが出やすく治療回数がかかるだけでなく、歯の神経を取った歯は弱くなり、歯が折れたり歯の根の先に膿がたまってしまうこともあります。
痛みが少なく、治療回数も少なく、歯の神経の治療が必要ないという特徴があります。

歯髄保存療法
歯髄保存療法の特徴
  • 削る部分は必要最低限
  • 神経を残したまま痛みが取れるので
    歯の強度が保てる
  • 治療費が安く、治療回数が少なく済む<
  • 子供の歯の成長にも有効


表面麻酔
表面麻酔
麻酔注射の針を刺す際の「チクッ」っとした痛みをやわらげるため、当院では表面麻酔を用いています。針を刺す箇所の歯肉の末梢知覚神経を麻痺させ、痛みを緩和させます。
お子様のグラグラしている乳歯を抜く時は注射をしなくてもこれだけで十分です。

電動麻酔
電動麻酔
麻酔薬を注入する際には、痛みの度合いの少ない細い注射針をゆっくりと刺し、患者さんに不快感を与えないよう、コンピューター制御の電動注射器を使用しています。
痛みを抑える繊細な電動注射器なのでご安心ください。

レーザー
当院ではオペレーザーという炭酸ガスレーザーを使用しています。
  • 歯肉黒ずみの除去
  • 歯肉や腫瘍の切除、手術後の治癒促進
  • 歯周病で歯肉がはれている際での治療
  • 抜歯後の痛みおよび出血の緩和

上記の様な治療でレーザーは有効です。
治療時間の短縮が可能であり、痛みが少なく治癒が早い事が特徴です。